虫歯が進行しすぎてセラミックの歯に交換することになったパターン

歯がグラグラするようになったので、歯医者さんへ行き診察してもらうと、歯ん状態が悪く、とくに歯茎がかなり弱っているので歯が抜ける傾向になるとのことでした。歯がぐらつく部分は、虫歯になっているのでセラミックを入れるなど、色々と相談することにしました。もう虫歯になった部分はかなりの進行具合なので、歯を抜いてから処置が必要になり、保険適用で歯を入れるとなるとやはり後々にはまた入れ替えが必要になったり、歯の色がその部分のみ違う色になるため目立ち銀歯を入れることになると話しがありました。やはり歯は目立ちますし、保険適用外ですがセラミックを入れることにしました。

歯医者さんは以前から通っているところなので、説明も丁寧ですし保険適用と適用外の治療なども具体的に話しがあるので信頼しています。セラミックの歯は他の歯と同じ色で作ることも可能で、色々と対策してもらうことにしました。歯はとても大切で、やはり今後もしっかりと対策が必要になるので、セラミックできちんと処置してもらうことにしました。抜歯後はしばらく歯茎が痛み、場合によっては熱が出るケースもあるため、しばらく用心しておき、そして歯型を取ってからセラミックで歯を作り埋め込んでいくようです。なので、しばらく歯医者さんへ通うことになるので、その辺はしっかりとスケジュール調整しながら通うことになりました。人気の歯医者さんなので、早めに予約をとるようにしています。

 

作成者: admin